スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限りなくローリスクで儲ける方法(業者間スワップ差の利用編)

ひさびさのコラムです。

今回は実用的なネタで書いてみました。


先週、スキャでボロクソにやられて、しばらくスキャをやりたくない心境だったりするので、ちょっとローリスクで勝てる方法をやってみようかなと思います。

今までは極限までリスクを高めてリターンを狙う手法をやっていたくせに、実に両極端ですね。

しかも、取り上げる題材が「業者間スワップ差の利用」。
ブログのタイトルにあるようなスキャル、スイング全く関係ないw

ただ、時期的に今がまさに旬なところがあるんで、あえて取り上げてみました。



業者間のスワップの差を利用して、同じ枚数をプラススワップの高い業者で買い、マイナススワップの少ない業者で売りをすることで、スワップのサヤ取りをして利益を出すという手法があります。

この手法については、他のブログで紹介されてるのを何回か見かけたりしています。

実は自分はこの手法について、今までちょっと否定的だったところがありました。

というのも、こんなことをわざわざやるぐらいだったら銀行に定期預金でもした方がよっぽどいいんじゃないの?っていう思いがあったんで。

しかし、今の状況ならこれはアリなんじゃないかな~と思うところがあるんで検討の余地があるかなと。
銀行の定期預金よりはリターンありそうかなと。



現在、自分が使ってるDMMのスワップが他社と比べて、圧倒的にスワップが低い状況なのです。
前までは他社より高めだったんだけどね。

そして、豪ドル円の通貨ペアで結構な差が開いています。

自分が普段使ってるkakaku FX、外為オンライン、DMM FXの豪ドル円の直近のスワップを並べてみると以下のような感じになってます。


 kakaku FX  :買い +97円 売り -103円
外為オンライン :買い +97円 売り -100円
  DMM FX   :買い +80円 売り -80円


もう、DMMがブッチギリで低いですねw
17円差というのは結構な差です。

これはkakakuと外為オンラインのスワップが特別高いというわけではなく、それ以外のFX業者と比べても今のDMMのスワップはダントツで低いです。

普通だったら、スワップ狙いのトレードをする人にとってはスワップが高い方が望ましいと思うでしょう。

しかし、業者間のスワップ差を利用するのであれば、スワップが低い業者の存在というのは逆に利点になるのです。

しかも、DMMは買いと売りとでスワップの差がないという特徴があります。

したがって、売りスワップも低い状況なので、ショート担当の業者としては現状では最適なわけです。
さらにスプレッドも1.7以下ですからね。(キャンペーン中のスプレッドだけど、ずっとひたすらキャンペーン中だしw)



さて、ここまでは誰しもが考えるところ。

ここからがトリ独自のエッセンスをブレンドしてます。

そのエッセンスとは外為オンラインのスワップ方式です。


前にブログ内でもチラっと書いたんですが、外為オンラインは土日にスワップが付くという特徴があります。
まあ、金曜日にスワップ3倍デーになるという解釈でも良いです。
これはFX業者では少数派の部類のスワップの付き方です。

したがって、外為オンラインとその他大勢の業者ではスワップの付き方が異なります。

多くの業者ではGW期間中は、祝日の影響で偏ったスワップの付き方をします。

さて、ここでDMMと外オンのGW期間中の2週間、豪ドル円で日毎に何日分のスワップが付くかをまとめてみました。

gaion-dmm.jpg

パッと見は、4月27日(火)のDMMの6倍スワップデーに目が行くんではないかなと思います。

もちろん、それも狙い目ではあるんですが、むしろそれ以降の日に注目してみましょう。

4月28日(水)~5/4(火)の間では、DMMではスワップが1日分、外オンでは7日分になります。

ということは、4/28(水)に外オンで買い、DMMで売りをすると、差し引き6日分のプラススワップを得ることができます。

要するに4/28(水)は、外オンとDMMとでの絶好の「業者間のスワップ差狙い」の開始日和となるわけです。

さらに外為オンラインは4月30日までスプレッド縮小キャンペーンをやってて、豪ドル円のスワップが5から3になってます。
これは5月以降も継続してくれないかな~と期待してるわけですがw



さて、長々と書きましたが、つまりは外為オンラインとDMM FXの口座は開設しておきましょうということです。










ついでに書いておくと、スキャラーやスイング派には関係ない話だと思ったかもしれませんが、何気に使える要素があります。
年末の税金対策です。

もし、このスワップ差が年末まで続いてずっと持ち続けた場合、どちらかの口座は含み益でどちらかの口座は含み損になってるでしょう。
したがって、状況によってどちらかを一旦決済することで、年間の確定益をうまく調整することができます。

日々を得をしながら、税金対策にも効果的なんてこんな素晴らしいことはないじゃないですか。

損して得を取れならぬ、得して得を取れというわけですよ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toritorifx.blog110.fc2.com/tb.php/114-60a2c8ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウント上げ上げ要因

にほんブログ村 為替ブログへ

トリの全力売買に賛同したら、こちらを全力でクリックしましょう。

カウンタ

現在の公開スイングポジ

なし

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

ブログ開始からの収支

月別アーカイブ

プロフィール

トリ無双

Author:トリ無双
どうも~、トリ無双(旧姓:トリ)です。


性格は・・・

超めんどくさがり屋
正直者の偽善者
not自己中の自分中心主義者


まあ、FXを極めたり極めなかったり極められなかったりしてがんばってます。

カテゴリ

Copyright (C) トリ流スキャル&スイングでFXを極めてみるブログ. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。